保育方針

よく遊び、よく食べ、よく学ぶ。

子どもたちは、無限の可能性を秘めています。

しかし、それがいつ、どんなふうに芽生えてくるのか。それは一人ひとり違います。

大人にとっては、じれったくなるようなゆっくりとした歩み。でも、子どもたちにとってはその一歩一歩が、何ものにも代えがたい貴重な学びの時なのです。

感じる。考える力。そして自ら歩み出す力。

これからますます多様化する世界で、どんな時にも夢と希望を持って生きていくために、きっと役に立つこれらの力を、自ら身につける場所。

私たちマザー保育園は、そんな人生で最初の学び舎でありたいと考えています。

よく遊び、

子どもたちの創造性、自主性、協調性が生き生きと発揮されるのが遊び。大人が決めたルールに縛られない、子供だけの時間を大切にします。

よく食べ、

食事は、健康な発育の土台をつくるだけでなく、豊かな情操を育み、社会生活の規範を学ぶ場でもあります。

提携農場から直送された安全安心な食材を使い、出汁を取るところからはじまる手作りにこだわった、愛情たっぷりの給食をご用意します。

よく学ぶ

当園のスッタフは、幼児教育のプロフェッショナルとして、小さな気づきを大切にします。日々の遊びや散歩、食事など日常生活のなかから、子どもたちが自ら感じ、考え、学ぶ機会をさり気なく創り出します。

教えるのではなく、自ら学ぶばをそっと創り出す。これがマザー保育園の学びです。